星座占いとは?無料占いは当たるの?

参考:星座占い|無料占いアンジュ

星座占いとは、別名を「星占い」とも呼ぶ占いの一つで、西洋の占星術を簡略化した占いでもあります。
現在主流の暦として使用されている太陽暦のグレゴリオ暦を元にして誕生日から太陽の位置を測り、占いを行う事から「サン・サイン(Sun-sign astrology:太陽星座占い)占星術」という呼び名でも呼ばれています。
また、星座占いにおける「星座」とは占星術における「宮」(サイン:十二宮の事)を指しており、夜空に浮かぶ星座の事を指している訳ではありません。

星座占いの概要は、占われる人が誕生した時に太陽の位置がどの「宮」(サイン)に存在していたかを判別して占われる人の性格や運命、他の人との相性を占ってゆきます。
生まれた時の太陽の位置については、太陽暦のグレゴリオ暦を誕生に照らし合わせる事で位置を判別する事が簡単に出来るので、数ある占いの中でも星座占いは比較的分かりやすい方法の占いとして知られています。

星座占いには派生形として月(Moon)が占われる人が誕生した時に月の位置がどの「宮」(サイン)の位置に存在していたかで占う「月星座占い」があり、こちらは天球図であるホロスコープを使用して月の位置を計測するなど、従来の星座占いよりも細かい手順を必要とする事が特徴となっています。

さらに、星座占いの派生形には十二宮ある十二星座に「へびつかい座」を加えた「十三星座占い」があり、1995年にイギリス人の天文学家で女性作家のジャクリーン・ミットンが考案したこの「十三星座占い」は十二宮を用いて占う従来の星座占いに対して、「十三星座占い」は現代の天文学に基づいてより科学的な観点から実際の黄道上にある13個の星座を用いた占いである、として日本においても一定以上のファンを獲得しており、人気を博しています。

星座占いは日本ではかつてテレビ番組でさかんに使用された時期があり、特に朝の時間帯からお昼の時間帯にかけての情報バラエティ番組では「今日の星座占い」として視聴者の人の生まれた星座によってその日の運勢を占う星座占いがテレビ番組の定番コンテンツとして使用されていましたが、現在では番組のリニューアル化などによって各テレビ局が朝からお昼の時間帯にかけて番組内で星座占いを使用したコンテンツを廃止する方向に動いています。
また、星座占いは一般紙やスポーツ新聞などでも使われる事が多く、「今日の運勢」や「明日の運勢」を星座占いで占う新聞のコーナーは人気の定番コンテンツとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です